CGパーソナルのオーダーメイドカリキュラム

今回は「CGパーソナル」という中萬学院グループの個別指導塾をご紹介します。

「CGパーソナル」では、生徒の学習面だけではなく精神面のケアも行う事により、学習に対するモチベーションアップを図っているという事です。

個別指導塾では個々に合った指導を行うという事で、
生徒のメンタル面も考えた指導を取り入れているというところは多いですが、
CGパーソナルでは、「学習力意欲診断 MALSI」を導入しています。

「学習力意欲診断 MALSI」は子どもに147(中・高生は170)の問いかけを行い、その結果を入力する事で一人ひとりの診断結果を得ます。

そしてその結果をもとに指導を行う事で効率よく成績を伸ばす事ができるという事です。

「学習力意欲診断 MALSI」は30年におよぶ教育心理学・認知心理学の研究により作られたもので、診断結果は学習する上で基礎となる学習力、計画的で効率の良い学習をするための基礎行動、やる気の維持や集中力を発揮するための学習姿勢の3つの観点に分かれているそうです。

個別指導塾という事で、オーダーメイドカリキュラムによる指導を行っていますが、「学習力意欲診断 MALSI」を活用する事で、様々な点で本当に個人にあったカリキュラムが作られるわけです。

個別指導塾は指導の方法としてはメリットも大きいのですが、
本当に個人にマッチしたカリキュラムや指導法で指導しているのかという事も問題になります。

CGパーソナルでは「MALSI」を活用する事により、
個別指導塾のメリットを最大限に活かせるという事なのです。

合格最低点を超えるための指導

最近医師国家試験を受験する人が増えているそうです。
医師になるには医師国家試験に合格しなければなりませんが、
その前に医学部に入学しなければなりません。
そこで、今回は医学部受験のための個別指導塾「クレスト」をご紹介します。

クレストは個別指導塾と家庭教師派遣の両方を行っていて、
医学部合格のためにより効果的な指導を行っているそうです。
個別指導塾と言っても、よくある1対2や1対3ではなくマンツーマンの個別指導で、対象は小学生・中学生・高校生です。
医学部に合格したい人が対象と言う事だったので、
高校生対象だと思っていたら、小学生から対象となっているのですね。
実は、高認からの医学部受験にも対応可能で、1科目受講、短期受講、地方出張での講義も可能と言う事です。
一般的な個別指導塾より、当然料金は高めで受講料は1時間あたり8000円~45000円、事務手数料が月額3000円必要となります。
個別指導塾と言う事で、担当講師が一人ひとりの状況に合わせて学習計画を作成し、
学習計画に沿って、さらにその学習計画も常に修正しながら学習を進めて行きます。

また、担当アドバイザーが各科目担当講師から報告を受け、総合的な学習計画の進行状況を常に確認していると言う事です。

担当アドバイザーは、必要に応じて面談等の設定を行う、相談を受けると言った対応も行っているそうです。
入塾前の学習診断も可能で、英語・数学・物理・化学・生物・小論文など、全科目の実力と勉強の仕方、これからの伸び方などを総合的に判断し、テキストや勉強法も提示してもらえると言う事です。

「個別指導塾は補習塾?」

個別指導塾にするか一般的な進学塾にするのか、それとも家庭教師にするかと言うのは、
目的による違いと言う場合が多いのではないでしょうか。
特に個別指導塾か家庭教師かと言う場合は、いわゆる補習塾としての学習塾か進学塾かと言うのと同じで、「受験」を考えるなら個別指導塾ではなく家庭教師でしょうと考える人が多いのです。
これはもともと個別指導塾が補習塾として始まった事が発端ですが、
受験を考えるなら家庭教師の方を選ぶべきなのでしょうか。
今回ご紹介する個別指導塾「SSS進学教室」を例にとって考えてみましょう。
「SSS進学教室」はもともと補習塾と言われるタイプの塾で、
主に学校の成績を上げる事を目標に教科書に準拠した個別指導を行っているそうです。
ただ、これが受験に無関係と言うわけではないのです。
学校の勉強をするだけで、受験対策用の勉強をしなくても大丈夫かと言った心配をする方もいるそうですが、最近の高校や大学は推薦入試が増え、学校の成績を上げる事が内申点を上げる事になり、その結果合格を勝ち取る事ができる事も増えています。
「SSS進学教室」で推薦入学を意識し、学校の成績を上げる対策に力を入れているそうです。
最近個別指導塾は人気ですが、家庭教師のように受験対策をしてくれるのなら嬉しいですよね。
授業料は3週制と4週制があり週1の高2・高3生の授業料は21840円です。
入会金17850円は、「春期」「夏期」「冬期」の講習受講後入塾すれば全額免除となるそうです。

「個太郎塾のシステム」

今回は個太郎塾という個別指導塾のシステムについて調べてみました。

個別指導塾は1対2や1対3のところが多く、個太郎塾は1対2が基本の指導スタイルですが、マンツーマンの指導も可能で、マンツーマンの希望の場合1回につき2000円の1対1指導料が加算されます。

例えば週2回の授業で月8回の場合、週1回はマンツーマンと言う事も可能なのではないでしょうか。
個別指導塾の場合は細かい様々な対応ができるのですが、
一体いくらかかるのだろうかと不安になる場合が多いのですが、
個太郎塾の場合、こういった事も料金がはっきりしているので安心ではあります。

1対1指導料以外にも追加授業という物があり、試験前などに普段とは別枠で利用できますが、この場合1回(1コマ80分)の追加授業で小1~小3の場合3240円、小6受験の場合3680円が加算されます。

さて、全体的にかかる料金について見てみましょう。
まず入会金は全学年共通で15000円です。

月々は授業料と総合指導費が必要ですが、総合指導費は月単位で、週の回数に関わらず一律です。
総合指導費には学習・進路相談、入試情報提供、通信費、冷暖房等環境施設の維持費等が含まれ、小1~小3が月額1000円、小4は2000円、小5~高卒生が3000円となっています。

個太郎塾は市進グループの個別指導塾ですが、
グループ内の他塾への移籍や併用の場合も入会金は全額免除となります。

個別指導塾と集団塾を併用したい場合にグループ内だと指導がスムーズと言うメリット以外に、こういったメリットもあるのです。

「VICのシステム」

今回は「VIC」という個別指導塾について調べてみました。

「VIC」では小学3年生から高校3年生までのコースがあり、
一般の教科の指導はもちろん英会話の個別指導塾であるのも特徴です。

入塾金は18000円で、授業料は小3~小6の場合週1が5500円、週2が11000円、週3が16500円となっています。
中1・中2は週1が11000円、週2が22000円、週3が32500円となっています。
中3・高1は週1・14000円、週2・28000円、週3・41000円、高2・高3は週1・15000円、週2・30000円、週3・43000円です。

週1の場合基本的に1科目ですが、テスト前の中学生に限り、5科目対応システムとなっています。

その辺りは個別指導塾と言う事で融通がきくのでしょう。

VICは先生1人に生徒2人の1対2までの個別指導塾で、
先生は2人同時に指導するのではなく、一人一人の能力や個性に合わせ別々に指導を行っています。

また苦手なところから授業を受ける事ができ、わからないところを質問しやすいシステムで、「先生変更制度」も取り入れ、相性がぴったりの講師に指導を受ける事が可能となっています。

宿題ももちろんありますが、個別指導塾と言う事で、授業中に間違えた問題や課題など一人一人学力や学習状況に合わせた宿題で、きちんとできる事が前提となっているので、家庭で宿題をやる事によって学習習慣が身につくようになっています。

また、テスト対策を行い「学校成績保証制度」も設けています。

それ以外にも「学習記録ノート」「セルフラーニング」「デュアルノート」「レジテーション」「テストファイル」などのシステムがあります。

「Assistの授業料」

今回は個別指導塾「Assist」の授業料について調べてみました。

「Assist」は個別指導塾と言っても、1対2の個別指導と、少人数制の個別対応指導を行っている塾です。

個別指導塾をどう考えるかと言う事ですが、教室に生徒が何人かいるのかではなく、
指導がマンツーマンかどうかと言う事を考えれば「Assist」は個別指導塾と言えるかもしれません。

 

授業料は、入学金(小学生5000円、個別指導15000円、中学・高校生15000円)と維持費毎月2000円、教材費1科目3000円、カード代300円、テスト代2000円と指導料となっています。
指導料はコースによって違うのですが、1対2の個別指導について見てみましょう。

小学生は1コマ50分で週1コマ10000円、2コマ19000円、3コマ28000円、4コマ37000円です。
中学受験・中3生の指導は1コマ80分で週1コマ14000円、2コマ27000円、3コマ40000円、4コマ53000円です。
中1・中2は1コマ80分で週1コマ13000円、2コマ25000円、3コマ37000円、4コマ49000円、高1・高2は1コマ80分で週1コマ14500、2コマ28000円、3コマ41500円、4コマ55000円です。
高3生は、1コマ80分で週1コマ15500円、2コマ30000円、3コマ44500円、4コマ59000円です。
「Assist」の特徴はこういった一般的な個別指導塾の部分の他に、
少人数制個別対応指導があるところです。

その中でも「学びホーダイ」と言うコースがあり、
このコースはコマ数に関係なく同じ料金となっているのです。

小学生の授業料は12000円、中学生・高校生・通信制は1科目学びホーダイで12000円、4科目以上学びホーダイで22000円となっています。

 

「創建ゼミナールの授業料」

今回は「創英ゼミナール」の授業料について調べてみました。

創英ゼミナールは個別指導塾の中でもマンツーマンの個別指導を行っている個別指導塾で、いわゆる完全個別指導塾です。

小学生、中学生、高校生の個別指導塾で、1科目から受講でき、1科目週1の授業(60分)なら月謝は4750円~となっています。

最低の4750円は小学生の週1回の月謝で、算数、国語、理科、社会、小学校英語(高学年は中学準備英語)の中から選択可能です。

これは、公立中等教育学校受験対策、小5、小6も同じ料金です。
ただ、公立中等教育学校受験対策コースの場合、週1を選ぶ事はできず、小5と小6の8月までは週4の21000円か週6の31500円となっています。
公立中等教育学校受験対策小6の9月から1月は、単価自体上がり、週4で27500円、週6で36250円となっています。

それとは別に中学受験は全学年共通で、週1が9500円、週2は19000円、週3は28500円となっているので、一般のコースの2倍ですね。

中学生の場合一律で、週1が5250円、週2は10500円、週3は15750円、週4は21000円、週5が26250円です。英語・数学は週2から、国語・理科・社会は週1から可能です。
高校生はどうでしょうか。

高校生の場合、映像授業と個別指導を合わせて生徒ごとに設定しており、
一般の個別指導塾とは異なる形態になっていますが、1年・2年は週1で11000円、週2で22000円、高3・既卒は週1で12750円、週2で25500円となっています。

高校生の場合、「弱点克服基本コース」の場合、映像授業1コマ+個別指導1コマ+定期試験対策と言う形です。

「ITTO個別指導学院」

 

今回ご紹介する個別指導塾は「ITTO個別指導学院」です。

個別指導塾の費用を考える時、一番は料金体系がわかりやすいと言う事です。

個別指導塾は授業料が安いにしても高いにしても納得していればよいわけで、
個別指導塾と言うのは一人一人料金が違うので、
A君の月謝が1万円でBちゃんの月謝が20000円と言っても単純にBちゃんの方が高いとは言えないわけです。

結局個別指導塾の費用を本人とその家族が安いと考えるかどうかなのです。
「ITTO個別指導学院」の特徴は、料金が色々選べると言う事が特徴です。

指導の内容に満足できるなら、自分の希望の選択ができるので、
この指導に関してこの料金はどうかと言う事が考えやすいのです。

「ITTO個別指導学院」小学生の料金について調べてみましょう。
「ITTO個別指導学院」は固定プランとフリープランがあり、
小学生の場合、ライフスタイルに合った通いやすい時間帯で、
ニーズの高い国語・算数・英語に集中して学習することが可能です。

固定プランは1対3形式の個別指導で3人はそれぞれ仕切られたブースにいて、
その真ん中に講師がいると言う形です。

時間は50分、80分、100分から選べ、週1から週4・週5と回数も自由です。
週1・50分の場合、小1が6600円、小2で6700円、小3・6800円、小4・6900円、小5・7000円、小6・7100円となっています。

フリープランは曜日、時間、教科を自由に選ぶ事ができ完全マンツーマンから兄弟姉妹
や友達との同時受講(1対3まで)も可能です。

フリープランの場合週1・50分で小1なら9700円、小6は10400円です。

 

「個別指導塾スタンダード」

 

今回は、低料金と言う事をウリにしている「個別指導塾スタンダード」について調べてみました。

調べてみると個別指導塾と言う事で考えれば低料金です。

例えば小学6年生の場合、週1回75分の授業で月4回の月謝は税込み9400円です。
同じ時間で中3は11400円、高3は13200円となっています。

しかも短期長期に関わらず入会金は無料で、スタート月謝割り引きキャンペーンとして「授業料全学年50%OFF」というのをやっています。

小6の場合初めの1ヶ月が4700円となるわけです。

これなら体験授業として始めても良い値段です。

ただ、その前に本当の体験、無料体験授業を受ける事も可能です。
しかも1人目の講師が合わなければ別の講師でもう一度無料体験を受ける事が可能なのです。
これを見ると、授業料の安さだけに関しては完璧な安さとも言えるスタンダードですが、
内容はどうなっているのでしょうか。

個別指導塾は特に相性が重要と言われますので、
良い講師が揃っていなければ意味がありません。

確かに初めにかかるお金がないし、月謝も安いと言う事で、
試してみてから決めるのも良いかもしれませんが、
一度入会すると、相当ダメな塾でなければ変わらないと言う人が多いので、
やはりしっかりと調べる事が重要です。

特に個別指導塾をあえて選ぶと言う事は、
個別指導塾としてのメリットが生かされた授業かどうかと言う事が重要です。

集団授業のメリットを求めても仕方がないわけです。
個別指導塾ならではの事、スタンダードでは、オーダーメイドカリキュラムと、
時間数なども個別に設定しているそうです。

 

「ノーバスの個別指導スタイル」

今回は、「個別指導塾ノーバス」について調べてみました。

個別指導塾の授業料などについて調べているのですが、 ホームページ上に載せていないところも多いです。

寿司屋で「時価」と書いてあるネタを頼むのは勇気がいるのと同じで、 ホームページ上に「お問い合わせください」と書かれているだけで、 授業料について何も書かれていない個別指導塾の門をたたくのは勇気がいります。

授業料がいくらかわからず体験をしてみて、 「いざ入会」と言う事になってから、払えないくらいの高額な授業料の場合は本当に困ってしまいます。

ホームページに書いていなくても問い合わせれば詳しく教えてもらえるのならともかく、 まずは「無料体験を!」なんて言うところもあるのです。

ホームページ上に載っていなくても、せめて無料体験をするまでには、 大体の費用がわかっていないといけません。

個別指導塾の費用は、必ず体験前に調べておく必要があります。

さて、そんななか、授業料がホームページに載っているところから色々とご紹介しているわけですが、 個別指導塾と一口に言っても、それぞれ指導方法が違ってくるので、 指導法を照らし合わせて金額が妥当かどうかを判断しなくてはなりません。

「ノーバス」の場合、1対1の「完全個別指導」と、自習室で講師が巡回し質問が自由にできる「フリースタイルレッスン」という2つの方法が組み合わさっています。 このスタイルで、週1回月に4回で、小学1・2・3年生が8400円、4・5年生は9975円、6年生は11550円です。 税込み金額なので今月から変更されているかもしれませんので確認してください。