定期テスト対策は2週間前から!!

最近、個別指導塾に通っている中学生が多いという事ですが、
これは、定期試験対策を行ってくれる個別指導塾が多いからという事もあるのではないでしょうか。

公立中学に通う中学生は、高校受験が待っています。

高校受験と言えば、内申点を確保しながら入試のための受験勉強もしなければならないのです。

内申点を上げるにはやはり定期テストの点数を上げる事が必要です。

そして、この定期テストの勉強を高校受験の勉強と結びつけてやらないといけないのです。

定期テストで良い点ならそれで良いという勉強方法では、
受験勉強にせっかくの定期テストでの勉強が活かされません。

そのため、定期テストの勉強では、テスト前の勉強と同時にテスト後の勉強も重要なのです。

そこで、今回は「スクールIE」という個別指導塾の定期テスト対策について調べてみました。

スクールIEは、生徒一人ひとりが通う学校に合わせた定期テスト対策で、
各学校の過去の出題傾向や出題範囲、難易度などを分析し、
学校ごとの予想問題演習や勉強会などを行っているそうです。
2学期制の学校なら、6月は初めての定期テストです。

このテストは、1年生の場合特に高得点を狙いやすいため、
特に力を入れている個別指導塾は多いですね。

スクールIEではテスト対策は2週間前から始めます。
テスト前には課題のワークなどがあり、
課題をこなすのに一生懸命でテストでは活かされないという事も少なくありません。

ワークをこなしながらも、点に結びつける指導ができる、
これも個別指導塾の良さなのですね。

やる気ポイントに個別指導

今回ご紹介する個別指導塾は「やる気スイッチ」で有名な「個別指導スクールIE」です。

「やる気スイッチ」でやる気を出せれば、勉強が上手く行くわけです。

では、どうやってやる気を起こすのでしょうか。

個別指導塾と言う事で、やる気を出すのも一人ひとり違うわけですから、
実際に授業を受けてみないとわかりませんね。

体験授業などを受けるのも良いかもしれませんが、
現在、「個別指導スクールIE」は春期講習の生徒を募集しているそうです。

個別指導塾ですから、春期講習でももちろん個別指導です。

1年の総復習、新学年の先取り学習など、希望通りの指導が受けられるそうです。

個別指導塾と言う事で、授業もカリキュラムもテキスト全て一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの個別指導を行っているという事です。

では、生徒一人ひとり、別々のやる気をどうやって出すのでしょう。

スクールIEによれば、やる気スイッチ、つまりやる気が出るポイントは一人ひとり違うそうです。

それはそうでしょう。
一人ひとり好きな事も習慣も、全て違うわけですから。

スクールIEには「やる気アップシステム(ETS)」があるそうです。

宿題を出す時も、生徒がやって来る出し方を考えているそうです。

例えば、「いくつも同時に行う力」「全体を把握する力」の強い子どもは、
飽きっぽく同じ事を長く続ける事が苦手な傾向があるそうです。

そのため、宿題を出す際、同じものではなく色々な種類のものを少しずつ出すようにしているそうです。

そのために、生徒に200の設問を行い、タイプを見極めているそうです。

秀英PASの個別指導

今回は秀英予備校の個別指導塾「秀英PAS」について調べてみました。

個別指導塾と言うと、マンツーマンかどうかということがまず気になるところですが、
「秀英PAS」の個別指導は講師1人に対し生徒2人まで(1対2)の個別指導です。

個別指導塾は解説と演習の時間をバランスよくとることが重要で、
そのために「秀英PAS」では1対2までの指導を厳守しているということです。

また、講師は一方的に説明を行うのではなく、生徒とキャッチボールをするように、発問と受け答えで解説が進んで行くということです。

また、個別指導塾には多くの講師が存在していますが、
「秀英PAS」では同一の教科は毎回同じ講師が継続して指導しているそうです。

講師が同じ生徒を担当することで、生徒の目標・学力・思考に合わせたその生徒だけの指導を行えるということです。

担当講師が決まっているということ、1対2までの個別指導を行っている個別指導塾であるということを考えれば、当然講師の指導力や人間性が重要になってくるわけですが、
「秀英PAS」では、講師の厳しい採用試験があり、その後も生徒対応研修、授業研修、授業アンケート等、講師の採用・育成に力を入れているそうです。

中学受験・高校受験・大学受験に対応していますが、
特に定期テスト対策に自信を持っているそうです。

テストの約3ケ月前から生徒別の学習計画を立て、
授業ごとの定着度を計測&データとして蓄積していくことで、
テストまでに「できない箇所」を徹底的に解消することにより、
テストで良い成績をとることが可能になるそうです。

アイディールのリアルコーチング

今回は、「アイディール」という個別指導塾をご紹介します。

アイディールは中高生専用の個別指導塾で、マンツーマン授業をはじめとする全てのコースが個別対応を前提とした個別指導塾です。

マンツーマンコースとリアルコーチングコースを基本コースとして、
映像授業(オプションコース)、中高一貫国語講座(特別コース)を必要に応じて選択できます。

マンツーマンコースは一般的な個別指導塾と同じタイプの指導ですが、
主要教科や苦手科目はマンツーマン授業にし、その他の科目は映像授業といった利用も可能です。

基本コースと特別コースは単独での受講が可能で、
オプションコースは、他コースと組み合わせて受講します。

また、リアルコーチングで必要科目全ての自宅サポートが実施されるのも、
アイディールの特徴です。

リアルコーチング(大学受験コーチング専門コース)というのは、
高1~高3・大学受験生が対象のコースで東大卒のプロコーチが自宅学習&入試戦術プランを行う他、他塾併習型プラン、センター試験5教科型プランなどもあるそうです。

このコースは、マニュアルに基づいたコーチングではなく、
生徒一人ひとりの目標や学習状況、学力、適性などを踏まえながら、
指導豊富なプロコーチが定期面談を通じて学習コーチングを行うという事です。

リアルコーチングの主な内容は、
トータルプラン(年間学習プラン)の作成と使用教材の提案、
学習方法の指導を含む自宅学習チェック、テストによる成績推移の把握と計画の修正、模試のプランニングなどです。

直接指導に注目が集まる個別指導塾ですが、
アイディールではコーチングに力を入れているのです。

東京個別指導学院マイ・スモールステップ・システム

最近個別指導塾が増えていますが、今回は30年の実績を持つ個別指導塾「東京個別指導学院」をご紹介します。

小学生・中学生・高校生対象の個別指導塾で、

ベネッセグループの個別指導塾なので、受験情報などを多く持っているところが特徴です。

そこで、今回はベネッセが特に実績を持つ高校受験に関してのサポートについて調べてみました。

まず、ベネッセコーポレーションと東京個別指導学院が共同開発した専用テキストを活用して授業が行われている事が特徴です。

生徒一人ひとりの通っている学校の進度や教科書・プリントにも対応したもので、家庭学習もサポートしているという事です。

このシステムは、「マイ・スモールステップ・システム」といい、
進学塾以上の進路情報、教育情報と各地域の学校情報、それに東京個別指導学院の指導ノウハウやカリキュラムをもとに作成したものです。

一般的な個別指導塾では、受験情報がどうしても大手集団塾に劣ってしまうのですが、ベネッセグループの強みで、そういった部分をカバーできるのです。

また、希望により一人ひとりに合わせたオンデマンド教材も用意できるという事です。
通っている学校の進度や利用している教科書、定期テストの日程や範囲などに合わせ、マイテキスト授業用・マイテキスト家庭学習用・定着度テストが用意されます。

家庭学習に関しても、学校の宿題なども考慮し、宿題の量を日割りで決めるという配慮があり、塾の宿題に追われ行き詰まってしまう事を防いでいます。

「スクールIEのやる気アップシステム」

 
最近は個別指導塾が増えていますね。
個別指導塾だけに指導の方法は様々で、それぞれに特徴があります。

そのため、どの個別指導塾が合うのかしっかりと調べてから入塾する事が大切です。
今回ご紹介する個別指導塾は「スクールIE」です。

「スクールIE」は、「やる気スイッチ」のコマーシャルで有名な個別指導塾ですが、
これまで、どうすれば子どもが自分から学ぶようになるか研究しサポートしてきた会社です。

子どものやる気を「ON」にするシステムが「スクールIE」にはあるとの事です。
「スクールIE」の特徴は、個別指導、オーダーメイドテキスト、やる気度診断テスト、成績アップシステムなどがありますが、今回は「やる気度診断テスト」にスポットを当ててみました。

このテストはやる気アップシステムの一つで、生徒のやる気を育てる物です。

まず、200項目の性格・能力診断テストを行います。

その結果をパソコンに入力すると「学習習慣」「生活習慣」「育てられ方」などの個性や性格がわかります。
その結果を基にコーチングを行い、生徒のやる気スイッチを探し出し、やる気スイッチを入れる事のできるシステムです。

学習面だけではなく、メンタル面にも焦点を当てる事で学習に対するモチベーションアップを行っているのです。
この診断で、宿題の出し方一つから違ってきます。
例えば、「いくつもの事を同時に行う力」「全体を把握する力」が強い子どもは、
集中力にかけ、飽きっぽく同じ事を長く続けるのが苦手な傾向にあるそうです。

そのため宿題は色々な種類の物を少しずつ出す事によって飽きずにこなせるようになるのです。