秀英PASの個別指導

今回は秀英予備校の個別指導塾「秀英PAS」について調べてみました。

個別指導塾と言うと、マンツーマンかどうかということがまず気になるところですが、
「秀英PAS」の個別指導は講師1人に対し生徒2人まで(1対2)の個別指導です。

個別指導塾は解説と演習の時間をバランスよくとることが重要で、
そのために「秀英PAS」では1対2までの指導を厳守しているということです。

また、講師は一方的に説明を行うのではなく、生徒とキャッチボールをするように、発問と受け答えで解説が進んで行くということです。

また、個別指導塾には多くの講師が存在していますが、
「秀英PAS」では同一の教科は毎回同じ講師が継続して指導しているそうです。

講師が同じ生徒を担当することで、生徒の目標・学力・思考に合わせたその生徒だけの指導を行えるということです。

担当講師が決まっているということ、1対2までの個別指導を行っている個別指導塾であるということを考えれば、当然講師の指導力や人間性が重要になってくるわけですが、
「秀英PAS」では、講師の厳しい採用試験があり、その後も生徒対応研修、授業研修、授業アンケート等、講師の採用・育成に力を入れているそうです。

中学受験・高校受験・大学受験に対応していますが、
特に定期テスト対策に自信を持っているそうです。

テストの約3ケ月前から生徒別の学習計画を立て、
授業ごとの定着度を計測&データとして蓄積していくことで、
テストまでに「できない箇所」を徹底的に解消することにより、
テストで良い成績をとることが可能になるそうです。