定期テスト対策は2週間前から!!

最近、個別指導塾に通っている中学生が多いという事ですが、
これは、定期試験対策を行ってくれる個別指導塾が多いからという事もあるのではないでしょうか。

公立中学に通う中学生は、高校受験が待っています。

高校受験と言えば、内申点を確保しながら入試のための受験勉強もしなければならないのです。

内申点を上げるにはやはり定期テストの点数を上げる事が必要です。

そして、この定期テストの勉強を高校受験の勉強と結びつけてやらないといけないのです。

定期テストで良い点ならそれで良いという勉強方法では、
受験勉強にせっかくの定期テストでの勉強が活かされません。

そのため、定期テストの勉強では、テスト前の勉強と同時にテスト後の勉強も重要なのです。

そこで、今回は「スクールIE」という個別指導塾の定期テスト対策について調べてみました。

スクールIEは、生徒一人ひとりが通う学校に合わせた定期テスト対策で、
各学校の過去の出題傾向や出題範囲、難易度などを分析し、
学校ごとの予想問題演習や勉強会などを行っているそうです。
2学期制の学校なら、6月は初めての定期テストです。

このテストは、1年生の場合特に高得点を狙いやすいため、
特に力を入れている個別指導塾は多いですね。

スクールIEではテスト対策は2週間前から始めます。
テスト前には課題のワークなどがあり、
課題をこなすのに一生懸命でテストでは活かされないという事も少なくありません。

ワークをこなしながらも、点に結びつける指導ができる、
これも個別指導塾の良さなのですね。